ゼニカルの効果について。飲むだけで痩せるのは幻想!?

ゼニカルの効果とは?

ゼニカルは脂肪の吸収を抑える薬

ゼニカルは「食べたことをなかったことにする薬」という、ダイエットを目指す人にとっては衝撃的なフレーズが有名ですよね。

ですが、この言葉をそのまま鵜呑みにするのはよくありません。

「食べたことをなかったことにする薬」と聞くと飲んでいるだけで必ず痩せられそうなイメージですが、それは幻想です。

正しくは、脂肪の吸収を抑える薬であり、脂肪吸収抑制剤とも呼ばれています。

まずはそんなゼニカルの具体的な効果についてお話していきます。

有効成分オーリスタット

ゼニカルの主な有効成分はオーリスタットという名前の物質であり、このオーリスタットがゼニカルのダイエット効果のかなめとなっています。

人の身体の中には、リパーゼという酵素が存在します。このリパーゼには、脂質を分解して身体の中に吸収させられるようにするという働きがあります。

オーリスタットはこのリパーゼに対して作用し、脂質の分解を防ぎます。

分解されなかった脂質はそのまま腸管から吸収することができないため、便と一緒に排出されることとなります。

ゼニカルの効果

ゼニカルの有効成分、オーリスタットの働きはご理解いただけたかと思います。

この働きによって、ゼニカルを使うとその時食べた食事に含まれている脂肪分の約30%の吸収を防ぐことが出来ます。

30%って聞くと、どう感じましたか?

思っていたよりも少ないと感じた人も多いのではないでしょうか。

ゼニカルは飲んでいるだけで痩せられる薬だと勘違いしていた方も少なくないかと思います。しかし、ゼニカルでなかった事に出来る脂肪分はしょせん30%なのです。

もちろん普段食べている食事の脂肪分によっては飲むだけで痩せることが出来る人もいるでしょう。ですが、人によっては現状維持、あるいは太っていくスピードを減らすだけということも十分あり得ます。

ゼニカルに対して過度な期待は禁物ですよ。

ゼニカルは炭水化物に対して効果がないので注意

ゼニカルは脂肪の吸収を抑える薬です。その為脂肪の取り過ぎが主な原因で太ってしまった方には大きな効果を見込めます。しかし、肥満の原因となる食事の成分は脂肪だけではありません。

そう、他に有名な肥満の原因として炭水化物や糖分がありますよね。

ゼニカルはさすがに炭水化物の吸収までは抑えてくれません。その為炭水化物や糖分の取り過ぎが主な原因で太ってしまった方には大きな効果は見込めないでしょう。

最後に

ゼニカルの効果については大体わかって貰えたでしょうか。

思っていたほどの効果でもないとがっかりした人もいるかもしれません。

ですが万能な夢のダイエット薬とか、飲むだけで確実に痩せられるだとか誤解して、使った後でがっかりして欲しくなかったので最初にお伝えしたいと思いました。

ゼニカルは上手に使えば非常に便利なダイエット薬です。

次はゼニカルの上手な使い方についてお話したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする