ゼニカルの上手な使い方!飲むべきタイミングや効果的な飲み方は?

ゼニカルの上手な使い方

ゼニカルの上手な利用方法

ゼニカルは、ただ飲んでいれば痩せられるとは限りません。

また、ゼニカルを飲めばいくら食べていても痩せられるわけではありません。

しかし、上手に利用すればダイエットにおいて非常に心強い薬です。

今回はそんなゼニカルの上手な使い方をご紹介します。

ゼニカルの飲み方

ゼニカルの効果を最大限に発揮する為には、正しい飲み方を覚えましょう。

まず、基本的な飲み方としては

食中または食後1時間以内に水またはぬるま湯と一緒に服用。1回の服用に付き1錠まで、1日3回まで。

となっています。

食事の前に飲むよりも、食事中や食後に飲む方が効果が高いんですね。

また、飲み忘れても食後1時間以内ならセーフです。何故かというと、脂肪分の分解は食後1時間ほどかかるからだということです。

もし飲み忘れに気付いたのが食後1時間以上経った後だった場合は、あまり効果が見込めないので次回に回しましょう。

飲まなくてもいいケース

ゼニカルを飲むのは1日3回までとされています。

これは4回以上飲まないようにという意味で、3回フルで飲んだからといってダイエット効果が高くなるとは限りません。

例えば1日2回しか食事を取らなかった場合はゼニカルを飲むのは2回で十分です。更に言えば、脂肪分が少ない食事の際にもゼニカルを飲む必要はありません。

更に効果的に使うには

ゼニカルが脂肪の吸収を抑えてくれるのは、食べた分の30%だけです。

残り70%は普通に体内に吸収されますので、毎食好きなように食べてゼニカルを飲んでいるだけではそこまでの効果は得られません。

その為本気でダイエットに取り組むのであれば、ゼニカルはあくまでダイエットの補助として利用するのがおすすめです。

例えば、普段はなるべく脂肪分の少ない食事をとってゼニカルを使わないようにします。

そしてどうしても好きなものを食べたくなった時、あるいは付き合いで食事に誘われ脂肪分を気にしていられないといったここぞという時にゼニカルを使うのがおすすめです。

月に数回、自分へのご褒美で好きなものを食べるのもいいでしょう。そういう時だけゼニカルを使うようにすれば、ダイエットのストレスも緩和されゼニカルを使う頻度も抑えられるので経済的です。

それに加えて、やはりある程度運動をするのもいいでしょう。

運動は単に脂肪を落とすだけではなく、筋肉を付けて代謝を良くし太りにくい身体を作る効果もあります。

もちろん無理をして身体を壊してしまっては本末転倒ですので、自分で無理なく続けられそうなことを見つけてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする